BRAND
IDENTITY

BMWのブランド・アイデンティティ

BMWのブランド

飛ぶことから始まった
「駆けぬける歓び」。

最高の安全と最高の性能―それがBMWに課せられた宿命。飛行機のエンジン製造に端を発するわたしたちのDNAは、現代の車づくりにも表れています。空を駆るように、街を駆け抜ける。そこには操る歓びと楽しさに今も満ち溢れています。その感動を余すところなく伝えることが、わたしたちBMWディーラーの仕事なのです。

「駆けぬける歓び」。それは飛行機開発に端を発した、エンジンメーカーならではの矜持。ただ移動の道具でもなければ、ラグジュアリーな時間を提供するだけでもありません。ハンドルを握り、車を操り、思うがままに疾駆させた時に得られる無上の歓びこそ、ユーザーに提供すべき価値だと定義してきました。それは自動車がどれだけ進化しても変わることはありません。

主に後輪駆動(FR)を採用し、さらに最適な位置にエンジンを搭載することで、約50:50の理想的な前後重量配分を実現、ハンドル操作に対する的確な反応。エンジンの卓越したレスポンスは、アクセル・ワークにダイレクトに反応し、スムーズな加速を約束。操作の一つひとつにドライバーは車を操っているとの実感を覚え、胸を高鳴らせるのです。同時にBMW はプレミアム・ブランドでもあります。どの車もエレガントな美しさをまとい、 高級感のある内装と快適な乗車スペースで、ドライバーや乗者を包み込んでいく。あらゆる点で特別な体験価値こそ、BMWのアイデンティティなのです。

新しい技術も積極的に開発し取り組んできました。エンジンでは、40 年以上前に欧州車で初めてターボ・チャージャーを採用。現在でもBMWツインパワー・ターボとして進化し続けています。また、先進の軽量素材といわれるカーボン素材もすでに10 年以上前から市販車に採用。自動運転の日常が目前に迫る今、2014年にはドライバーがハンドルから手を放してなお自動運転によるドリフト走行を披露。目的地まで安全に移動できるだけでは良しとしないBMWの哲学を世界に印象付けています。

そんなBMWの哲学を、開発者や設計者だけでなく、販売やメンテナンスを行うスタッフがプレミアムな体験としてオーナーに伝えていく。その歓びを広げ、哲学を共有することこそ、BMWディーラーの真の「仕事」なのです。特別な体験を特別な人に届けるために。今日も、顧客との接点が描かれています。それはディーラーならではの誇りと歓びに満ちた生涯の「仕事」になっていくのです。