HISTORYBMW/MINIブランド・ヒストリー

bmwの歴史

革新と創造こそ
BMWの掟。

エポック・メイキング。
それがBMWという車に課せられた命題でした。
その革新と創造の哲学とは。

1916-1969

用の美を追求した
BMW誕生秘話。

BMWのロゴやデザイン、“駆けぬける歓び”の哲学。
それは飽くなき挑戦の軌跡。

1919年、航空複葉機の世界最高記録を達成した「Bayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ)」。
町の発動機製作所は、時代の変化からバイク、そして車を製造するに至ります。力強く滑らかな回転を生む「シルキー・シックス」など、現代に至るアイデンティティを確立。苦境の時代を乗り越え何物にも頼らない独立性を保ち開発されたのが「スポーツ・セダン」という市場の創造だったのです。

1970-2000

プレミアムブランドは
立ち止まらない。

究極のドライビング・マシンとしての確立。
冬の時代にも変化の足跡。
ブランド価値向上の取組こそ、プレミアムの所以。

テスト・コース開発に端を発し、シリーズ名を数字で表す文法が出来上がると、瞬く間にラインナップが拡充させ世界中のプレミアム・ブランドに駆け上がっていったBMW。1981年にはアジアの重要拠点として日本法人を設立。右ハンドル車の設立と独自のディーラー戦略とサプライ・チェーン構築により、市場を確立していきます。90年代の市況悪化にもサービス向上を図ると共に、「X5」などの革新的創造を世に生み出しています。

2001-FUTURE

価値の創出と革新で
時代を駆け抜ける。

一歩先行く「走りが与える感動」を
変わりゆく時代にも提供し続けること。
それこそがわたしたちの存在意義だから。

MINIとの融合とプレミアム・スモールの確立が、新たな時代の幕開けとなりました。長引く不況の中でも新たなディーラーネットワークを構築、顧客満足度の充足を図ったことが、全国のサービスを一層盤石に。「プロダクト・ジーニアス」という職種の誕生で「売らない営業」という衝撃を世に生み出します。
そして現在。未来の車づくりが変わっても「走りが与える感動」を顧客に提供するという軸は、ブレることがありません。

miniの歴史

小型車の革命で
MINIが魅せる世界。

英国の国民車から、世界の小型車の基準へ。
その世界観はあらゆる人々を虜にし、
常に時代の先頭を走ってきたのです。

1959-2000

小さい、だけではない
MINIの挑戦。

必要最小限でも、最大の効率を。
小さな存在に、大きな意義を載せた
世界基準が生まれました。

アレック・イシゴニスが考えた「あくまで人にとっての使いやすさを追求した上で、必要最小限の寸法と燃費のいい車体」の究極形。それがMINIです。ビートルズ、デビット・ボウイ、ポール・スミス、そしてエリザベス女王。各界のセレブリティの共感を得て、一気にその新しさが世に受け入れられていきます。
2000年、衝突安全性と排出ガス基準を満たすことができなくなるまで、MINIの総生産台数は537万台に達していました。

2001-FUTURE

現代の再解釈が
さらなる歴史を生み出す。

洗練されたクラシックさと
現代的でポップさの融合。
未来に遺るデザイン哲学が完成しました。

生みの親であるローバーとの別れ。それを国際的な生産基準と新たなネットワーク確立の契機としました。かわいらしい外観や道路事情に合ったサイズ感からアジアの重要拠点となった日本では、2002年3月2日「ミニの日」のプレミア以来、バック・オーダーを抱える程の人気を博すことに。衝突安全性を高め車格が上がり最新技術を詰め込んだ今も、MINI のゴーカート・フィーリングとデザイン哲学は、これからも普遍的価値を提供します。