[BMW職種紹介]

BMWディーラーの仕事を
知っていますか?

最高の走り、最高の喜びをユーザーに。至上の体験を届けようと、BMWディーラーのスタッフは、それぞれの持ち場で力を尽くしています。

[職種紹介]

ディーラー力を支える5つの力をピックアップ。

BMW/MINIディーラーで働こう!

▲

心通う1台と出会ったお客様に
ライフスタイルにあった仕様や理想的な購入計画を提案するのが、セールス・コンサルタント。
よき相談相手としての自負が、コンサルタントの名には込められている。

十分納得していただけるよう、要望や不安点をしっかりと聞き出し、的確な答えを提供する。

セールス部門の仕事は、BMWジーニアスとセールス・コンサルタントに振り分けられる。来店したお客様に最初に話しかけ、希望に沿う1台を一緒に探すのがBMWジーニアス。セールス・コンサルタントの役目は、その特別な1台を心ゆくまで堪能できる方法を提案することにある。お客様の予算に合わせた購入方法だけでなく、購入後、その方がどのようにBMWとのカーライフを楽しむか、ライフスタイルまで一緒に考えていく。

お客様の懐に大きく踏み込むだけに、信頼関係を築くことがなにより大切になる。お客様がBMWに何を求めているのか、ふだんどういった価値を重視されているのかなど心の奥まで推し量り、どんなオプションが喜ばれるか、どんな購入方法が適しているのかを提案していく。

プレミアム・ブランドであるBMWには、お客様対応の面でも、クルマの価格に見合う、あるいは価格を超えた価値あるサービスを提供することが求められる。そのため、BMW Groupでは独自の研修施設 BMWアカデミーで、セールス・コンサルタントの成長を後押しするプログラムも用意。お客様に自信を持ってBMWを勧め、期待以上の満足を提供できるよう、ブランドやクルマ作りの哲学はもちろん、お客様の心を開き思いを汲み取るコミュニケーションのスキルを身につけることができる。BMW Groupの“人を育てる”文化はセールス分野でも根付いているのだ。

BMWを選ぶお客様は、多かれ少なかれ「駆けぬける歓び」というブランド・スローガンに共感を抱いて、店舗を訪れている。そんなお客様のBMWに対する思いを増幅させ、歓びに満ちたライフスタイルを実現するお手伝いをする。お客様が笑顔で走り出す姿を見るのがうれしい。その気持ちさえあれば、クルマ業界の経験がなくても、この仕事の魅力は味わえるはずだ。

信頼を積み上げ、いよいよ迎えた納車の日。自然と車内清掃にも力が入る。
BMWのフロントマンとしての自覚が、洗練された所作や言動となって現れる。
[ディーラーのシゴト]

呼び名にもこだわりアリ!
知っておきたい
BMW/MINIディーラーのシゴト。

セールス・コンサルタントにテクニシャン…。職種がユニークなのも、ちゃんと理由があるんです。

[ディーラーのシゴト]

まるでサッカー!
プロのチームワークでゴールを目指す
ディーラーの職種連携。

ディーラーには大きく分けて9の職種があります。それぞれが力を発揮して、うまく連携できたとき、「ゴール」にたどり着ける。ディーラーの連携の様子を紹介します。

up