[MINIディーラー職種紹介]

MINIイズム満点の
グッドプレイスをつくる仲間。

エネルギッシュでオーセンティック。MINIが魅力的なのは、ショップで働く人にも理由があります。

[職種紹介]

MINIディーラーのメンバーを紹介します。

BMW/MINIディーラーで働こう!

▲

セールスとサービスの現場である
ディーラー拠点を率いるリーダー。
その手腕は、MINIブランドを
最前線で支えている。

ショップの雰囲気は拠点長の舵取り次第。大切なのは一人ひとり自ら情熱をもてる環境づくりだ。

ディーラーの多くは、拠点を複数もっている。その拠点の一つを任されて、マネージャーとしてスタッフをまとめあげ、目標達成を目指すのが拠点長の仕事だ。当然ながらリーダーシップが大切な職種だ。スタッフに声をかけて鼓舞し、要望に耳を傾ける。人事や待遇などは本社で一本化されていることが多く、拠点単位でできることには限りがあるが、自身の裁量の範囲で賞罰などもコントロールし、モチベーションを高めていく。拠点内の連携を高めるための仕組みづくりや、教育、効率化で工夫し、働きやすい職場にしていく。

BMW Group Japanやディーラーの本社とも綿密な連携をとり、ディーラー全体、あるいはBMW Group全体の戦略を反映して舵取りを行うのも重要な仕事。
とくにMINIブランドのアピールは、グループが拠点にもっとも期待していることの一つだ。

ショールームには、MINIの世界観が色濃く現れている。個性的なクルマなのだから、置いてあるだけでも十分MINIの店舗とわかるが、インテリアやスタッフのウェア、手にしているメモやお渡しする封筒にいたるまで、MINIの世界観でデザインされ、その魅力を伝えるのに一役買っている。

スタッフにも同じことがいえる。MINIディーラーのスタッフは、その立ち居振舞いや言葉遣いも、MINIは違うなと感じさせる雰囲気を醸し出していることが理想だ。エネルギッシュで独創的、話していると、なんだか自分も新しい一歩を踏み出したいと思わせる人間的魅力がある。そんな人材を育て、拠点をMINIらしい空気で満たすことこそ、拠点長の最大の仕事といえるだろう。

拠点長が変われば店舗が変わるといわれるほど、その存在感は大きい。リーダーシップを発揮できるのであれば、販売や接客など違う業種での経験も生かすことができるだろう。

スタッフが全力で仕事に携われるよう心を配り場を整える。そんな細やかさもリーダーの資質だ。
納車時に新オーナーに記念品をプレゼントすることも。思い出に残る瞬間を届ける心憎い演出だ。
[ディーラーのシゴト]

呼び名にもこだわりアリ!
知っておきたい
BMW/MINIディーラーのシゴト。

セールス・コンサルタントにテクニシャン…。職種がユニークなのも、ちゃんと理由があるんです。

[ディーラーのシゴト]

まるでサッカー!
プロのチームワークでゴールを
目指すディーラーの職種連携。

ディーラーには大きく分けて9の職種があります。それぞれが力を発揮して、うまく連携できたとき、「ゴール」にたどり着ける。ディーラーの連携の様子を紹介します。

up