BMW正規ディーラー採用情報

株式会社モトーレン仙台 Sendai BMW

スタッフの声

齋藤 匠 セールスコンサルタント ※入社5年目 齋藤 匠 
セールスコンサルタント 
※入社5年目

目指すは社内No.1セールス!ハイブランドにてハイクオリティな仕事をする

元プロスノーボーダーの新たな挑戦

19歳からアメリカと日本を行き来するプロスノーボーダーでした。26歳の時にスポーツで闘う舞台を降り、某会社のレンタカー事業部で営業職に従事していましたが、10年の勤務の中でマネージャーにもなり、その会社である程度目標を達成したなと感じていた時に、当時お付き合いのあったモトーレン仙台から声掛けをいただきました。
営業の経験はあれども、カーディーラーで働いた経験はなく、36歳になってゼロからのスタートに不安を感じるところもありましたが、足踏みをしていても何も始まらないと思い、チャレンジすることにしました。またこの会社が当時取引先だった自分から見ても魅力的な会社だったことも、この会社で働くことを決めた理由の一つです。私は会社の違いが出るのは「人」だと思っています。この会社は真剣に仕事に臨んでいる人が多く、必要な時にアドバイスをくれますし、時にはちゃんと叱ってくれる。周りの成長に力を貸せる人が多い会社だと感じます。
 

「あなたから車を買ってよかった」が最高の誉め言葉

この仕事は一言でいうと、甘くない…でもとても深い。車の中でも高額な商品を扱っていることもあり、お客様も質の高いサービスを求める方が多いです。そんなお客様と接すること自体が、日々自分を磨くことにもつながっています。BMWというハイブランドな看板を背負うことは大きなプレッシャーでもありますが、常にその看板やそれに伴うお客様の期待に応えられる自分でありたいですね。最近で一番嬉しかったのは、初めて来店されたお客様にその場でご契約をいただけたこと。高級車だからこそ、単に車を売るということではなく、一緒にお車を選ぶ時間、空間さえもお客様にとって思い出に残る最高の場にしたいと思い、臨みました。その結果「あなたから買ってよかった」と納車時に言われた時には、涙が出るほど嬉しかったです。

お客様が困った時に最初に顔が出てくる人になる

今の目標は、まず一つは社内でNo.1の成績をあげること。これは単に車を多く販売したということではなく、社内で一番、多くのお客様にご満足を提供できたという証明だからです。もう一つは、お客様にとって困った時に最初に連絡をもらえる人になること。車のことだけでなく、全てのことにおいて幅広く、お客様の人生をサポートし、夢の実現をお手伝いできるセールスを目指していきます。