BMW正規ディーラー採用情報

株式会社モトーレン仙台 Sendai BMW

スタッフの声

星 拓真 メカニック ※入社3年目 星 拓真 
メカニック 
※入社3年目

会社の成長と共に自己を成長させていく

より難しいことにチャレンジしたい

小さいころから車が好きで、その流れで埼玉のホンダテクニカルカレッジに入学しました。どうせやるなら、より難しいことにチャレンジしたいという想いから、この業界でも最高峰の難関資格である「一級整備士」の資格取得にも取り組みました。卒業後、モトーレン仙台を就職先に選んだ理由は2つ。理由の一つは叔父がBMWの3シリーズであるE46に乗っていたこと。自慢をする叔父を横目に見ながら、スポーティな外観に「カッコイイなぁ」と密かに憧れていたんです。もう一つの理由はせっかく一級整備士の資格を取ったのだから、輸入車の難しい整備にチャレンジしていきたいという想いからでした。

整備士としてのレベルアップできる喜び

仕事をしていて気合が入るのは、これまでやったことのない仕事を任された時ですね。今、入社して1年半ほどですが、オイルや水漏れの修理などの新しい仕事を任されると、自分のスキルアップを実感でき、嬉しく感じます。また、BMWの車は他のメーカーと比べても最先端の機能が搭載されています。そうした最新の車が世の中に出たばかりのタイミングで、最初に車の内部までじっくり見ることができるのも、車好きの私としてはとても嬉しいことです。今後の個人の目標は、一級整備士であることを活かし、このお店で電気系統の診断、整備を任されるようになることです。(BMWの車はこうした電気系統の機能が非常に複雑なので、チャレンジし甲斐のある目標だと思います。)

会社と共に成長する

正直にいうと、今の自動車業界は、どちらかというと現状維持もしくは縮小傾向にある企業が多いのではないかと思います。そのような中、当社は去年も今年も右肩上がりに成長しています。成長している会社というのは、チャレンジを続けている会社。会社がチャレンジをしているということは、そこで働く社員も日々成長を求められます。そういった環境は、私自身にも良いプレッシャーとなっており、自己成長につながっています。また、この会社の良いところは、日々現場で感じていることを、経営トップと直接1対1の面談にて話ができることです。伝えたことには、後日、経営トップからしっかりと返答をいただけます。そうした社内の丁寧なコミュニケーションも個々の社員の仕事のやりがいや、安心感につながっていると感じています。成長する会社と共に自分も成長していくため、今後も自身の整備士としてのスキルを高めていきたいと思っています。