BMW正規ディーラー採用情報

株式会社モトーレン仙台 Sendai BMW

スタッフの声

餅俊介 セールスコンサルタント 入社10年目。<br>元テクニシャンとしての知見を活かし、お客様の要望に合ったクルマを提案している。 餅俊介 
セールスコンサルタント 
入社10年目。
元テクニシャンとしての知見を活かし、お客様の要望に合ったクルマを提案している。

目標は通算300台の販売。一人ひとりのお客様を大切にしながら達成を目指しています

お客様と向き合いたい

5年前まではテクニシャンとして、当社で車の整備を担当していました。当時あまり多くはありませんでしたが、整備説明や納車引取りの際にお客様と話す機会があり、「ありがとう」という感謝の言葉をなによりうれしく感じていました。私が整備した車両に笑顔で乗り込み、お帰りになるお客様の姿を見ているうちに、もっとお客様と向き合う仕事がしたい、という思いが募り、セールスコンサルタントになりたいと転部願いを出したんです。 


親身になれる仕事

セールスコンサルタントはお客様に最初に接する仕事です。それだけにテクニシャン時代よりいっそうお客様の目線に立つことに重きをおいており、興味を持ってくださった方には最大限要望に応えられるご提案を心がけています。

お客様の中で一番印象に残っているのは、私がテクニシャンだった頃から担当させていただいている70歳の方。10年以上BMWを乗り継いで来られた方で、先日「折り入って相談があるから来てくれないか」とお電話をいただきました。伺ってみると、「人生最後の車を買いたい」というお話。ただ、予算はあまりないとのことで、会社に掛け合ったり、要望に合う中古車を探したり、とできる限りの手を尽くして、ご満足いただけるクルマを探し当てました。「どうしても愛着のあるBMWがいい」、というお客様の思いを知っていただけに、納車できたときはホッとしましたし、達成感もありましたね。今でもお付き合いは続いていて、時々採れたての野菜を届けてくださるんです。こうしてお客様と深く接していけることが、セールスコンサルタントのやりがいだと思います。

セールスコンサルタントを始めた頃は右も左もわからず、お客様との接し方に迷うことも多かったですが、会社のバックアップのおかげで日々の業務に自信がもてるようになりました。BMWアカデミーで行われるプレゼンの研修にも通わせてくれましたし、先輩方は実際の接客を想定したロープレに遅くまで付き合ってくれました。

今の目標は通算300台の販売実績。もちろん数だけじゃなく、300人のお客様が満足できるご契約を目指します。