[BMW職種紹介]

BMWディーラーの仕事を
知っていますか?

最高の走り、最高の喜びをユーザーに。至上の体験を届けようと、BMWディーラーのスタッフは、それぞれの持ち場で力を尽くしています。

[職種紹介]

ディーラー力を支える5つの力をピックアップ。

BMW/MINIディーラーで働こう!

▲

BMW Groupではメカニックのことを「テクニシャン」と呼ぶ。エンジンなどのメカニズムだけでなく、最先端のエレクトロニクスにも通じた整備のエキスパートであることの証明だ。

専用工具や診断機の数々。これらを使いこなして一人前のBMWテクニシャンとなるのだ。

卓越した運動性能と最先端の技術を搭載したBMWのマシン。そのコンディションを常にパーフェクトに保ち、オーナーがドライブの歓びを享受できるよう整備するのがテクニシャンだ。

最新技術の塊であるBMWをメンテナンスするにはハイレベルな技術と先端テクノロジーまでカバーする幅広い知識が欠かせない。テクニシャンと名乗る者は、スチールをはじめ、アルミ、カーボンなど、使われている素材一つひとつの特性の理解に始まり、故障診断専用のスペシャル・ツールを使いこなし、新車種が出るたびにその整備書に目を通し、スピーディかつ正確にメンテナンスできるよう準備を怠ることはない。

もちろん一足飛びにその域まで到達することは難しい。そこでテクニシャンの成長を支えるのが、BMW Groupが誇るトレーニング・システムと資格制度だ。BMWのテクニシャンは最高峰の「マイスター」を頂点に、知識とスキルのレベルに合わせて5段階のランクがある。そして全員が階層別に用意されたトレーニング・プログラムを受講し、一歩一歩ステップアップしているのだ。経験や技術レベルに合わせてスキルアップできる体制が整っているため、テクニシャン自身も明確なキャリア・プランを描いて日々の業務に取り組める。このプログラムとそれによって育成された優秀なテクニシャンの存在は、BMW Groupの大きな強みで、正規ディーラー以外のメカニックには直せないトラブルも、きちんとしたトレーニングを経たテクニシャンであれば確実に修理することができる。そんな技術的アドバンテージは、テクニシャンにとっても誇りである。

また、労働環境においても、正規ディーラーのテクニシャンは恵まれているといえるだろう。一般的な整備現場では、メカニックといえど日々の業務の中で引き取りや納車に取られる時間が多く、整備に集中できない状況もままあるが、BMWディーラーでは車両の回送業務などは分業化されているため、テクニシャンは整備作業に集中できる。高い集中力と使命感を持って業務に取り組める環境が整えられているのだ。

クルマのコンディションは、安全に直結する。細かいところまで気が抜けない。
“ちょっとしたコツ”をどれだけものにできているか。それが熟練度に直結する。
[ディーラーのシゴト]

呼び名にもこだわりアリ!
知っておきたい
BMW/MINIディーラーのシゴト。

セールス・コンサルタントにテクニシャン…。職種がユニークなのも、ちゃんと理由があるんです。

[ディーラーのシゴト]

まるでサッカー!
プロのチームワークでゴールを目指す
ディーラーの職種連携。

ディーラーには大きく分けて9の職種があります。それぞれが力を発揮して、うまく連携できたとき、「ゴール」にたどり着ける。ディーラーの連携の様子を紹介します。

up